イベント

11

開催まぢか!お手軽ホームページ講座「WiXにウインク!」

8月
No Comments   Posted by kame3 |  Category:お知らせ, イベント, 講座

講座バナー

無料のホームページサービス「WiX」を使ったホームページ講座を始めます。

ブログを更新したことのある方なら大丈夫。

HTMLの学習も不要。お手軽に、ホームページが作れます。

 

この講座を用意しようと思った発端は、技術者支援の基金訓練での講師経験からです。

趣味でホームページを作りたい方や、自営業で時間が少ない方にはHTMLが重荷となって

しまい、気軽にホームページを作成することが楽しめなくなっているのでは、ということが

きっかけです。

だから、HTMLの知識が不要なサービスである WiX をチョイスした、というわけです。

定員は5名です。お申し込みはお早めに!

 

↓お申し込みはこちら↓

http://www.reservestock.jp/events/44913

 

more...
21

YouTube+iMovieは要注目です

4月
No Comments   Posted by kame3 |  Category:イベント, 舞台裏

この2日間、動画についていろいろ学んできました。

やはり、ここ最近は動画使用の盛り上がり方がすごくて、全国あちこちでセミナーが行われています。

今回は、定評がある坂田誠さんのセミナーに参加しました。

自分も数年前に動画コンテンツサイトを制作した経験があるため、
YouTubeの効果は知っていたつもりですが、成功事例について知ると、
もう、動画制作者たちの取り組む姿勢が違うのがわかりました。

  • 必ず顔を出し、自分のキャラを出す
  • 伝えたいことは的確に盛り込む
  • 動画作成に時間をかけないように工夫する

そういった、これまで坂田さんがおっしゃっていた「量より質でなく量×質」という精神が
ここでも現れており、非常に納得いくものでした。

そして2日目は「iMovie研修」と銘打って実践的な動画制作を行いました。

これまで、なんとなく「こんな感じかな。まあこんなもんかな」と、適当にいじって
そのうちやるさ的に放置していたiMovieが、こんなにも使えるツールなのかと
あらためてびっくりしました。

そして、できたのがこちら。研修で一緒だった出村さんという方の紹介映像です。
ふだんの講義と比べ、かちかちな私です。(^^;;

もっともっと、場数を踏まねばと痛感しながら、がんばろうと決意したこの週末でした。

more...
02

沖縄Ruby会議01に参加して

3月
No Comments   Posted by kame3 |  Category:イベント, 舞台裏

去る3/1に沖縄で初となるRuby会議が琉大工学部に開催されました。
自分も県内Rubyコミュニティに所属している関係上、運営の手伝いを
させていただきました。
(ホントにちょっとだけ手伝っただけ)

沖縄はこの時期、雨天が多かったのですが
Rubyistは晴れ男が多かったのか、好天に恵まれました。

自分は会場準備を手伝いながらも、頭の中は今日発表することでいっぱい。
「失敗したらどうしよう」とか「他の人の内容からしてかなり見劣りするのでは」などなど。
作業が一段落ついたところで、早めに昼食をとりながら、
スライドを何度も見直していました。

今回は、Ruby言語の生みの親であるまつもとゆきひろさんが参加されると
あって、県外から(国外からも?)も参加者が多く集まってた模様。
人手が足りなさそうなので、受付を手伝うことにしました。

慣れないのと、いろいろな参加者が次々に訪れるの、軽くパニクってしまいました。
IT系のイベントなのに、受付はアナログ対応で…ほんとすみません><

受付業務がひと段落する頃には、まつもとさんのお話は後半となっていました。
「まあ、Ust録画を後で見ればいいか…」
そう考えていたのですが、ここでハプニング。

ネットが切れてしまったのです!(のちに復旧しました)

琉大の関係者や、ネットの運営を手伝ってた
スタッフがばたばたしてる横で、自分はTwitter上で
「Ust見れない」というようなつぶやきに対して
実況することで応えていました。

そうこうするうちに、自分の出番。

緊張は高まり、さてPCを起動、という時に
「すぐ出てください」とのこと。
焦って登壇したのはいいものの、なかなかPCが起動しない。
間を開けまいと、しゃべり始めたのですが、これが裏目に。

マイクが入ってませんでした。(^^;;;;

すぐにツッコミが入ったのでよかったのですが、
貴重な時間は削られてしまいました。

ようやくスライドを広げ、なんとか自分のペースに戻したところで
無慈悲にも残り時間は30秒。

話をしながらも「どのスライドを省くか」と考えてました。
そして、時間が尽きたところで、
ちょうど話を締めくくれるタイミングが来ました。
でも、沖縄の「ルビーのなんやかんや」は話せずじまい。

プレゼン終了に拍手はいただけましたが、
自分の出来としては「不可」です。
もう、講師の仕事何年やってんだろう、と
反省に次ぐ反省でした。

そういう自分と違い、他の発表者は
どれも面白いものでした。
やっぱり、こういうイベントはできるだけ
どんどん参加していくべきですね。

心残りは、懇親会に最後まで居られなかったこと。

Twitterで見かけていたけど、顔を合わすのは
初めてという方もいたのですが、声をかける
タイミングを逸してしまいました。><

でもその後、島唄やらカチャーシーやらで盛り上がったようなので、
懇親会そのものは県外からの参加者には満足してもらえたと思います。

自分側の反省点の多いイベントでしたが、
また次の機会があれば、挽回したいと思います。
次回の沖縄Ruby会議があれば、また
お手伝いしたいと思います。

「軽食の店ルビー」の話はこちらに書いておきます…

*おまけ*
今回、BGMは知人の「カチンバ1551」さんに使用許可をいただきました。
ラテン音楽と沖縄民謡をミックスした曲風ですが、そう違和感なかったようですね。
Twitter上でもBGMに言及されている方は少なかったので、ひと安心してるところです。

カチンバ1551さんありがとうございました。

more...
11

第2回TEDxRyukyu参加記録

11月
No Comments   Posted by kame3 |  Category:イベント

様々な分野で活動する方からのメッセージで、
知的全身マッサージするイベント、TED。
そのTEDから派生し、世界各地で行われているTEDx。
(自分は「TEDの分科会」と呼んでます)

ここ沖縄で3年ぶり2回目のTEDxRyukyuが開催されることになり、
幸運にも参加承認をいただいた自分は直にイベントを体験することができました。
以下、私見を含みますがレポートさせていただきます。
(ライブプレゼンひとつひとつの感想を述べたかったんだけど、
後で映像で見る方にネタバレっぽいのでそれはやめました)

受付の様子まず、会場となった沖縄科学技術大学院大学(OIST)。
とても素晴らしいところでした。
大講堂は広く、音響設備も十分、贅沢なつくり。
知的イベントには申し分ない会場でした。

今回のプレゼンターたちに共通して感じられたものは、
「伝えたい」という意気込みでした。
自らの体験が自分の行動に与える力。
そのエネルギー源となる熱意。
様々な試行錯誤や障害を経た上に得られた貴重な体験。
科学技術やスポーツ、若者たちのチャレンジ、社会問題。
創作活動や日常から生じたアイディア、
そして歌や演奏、踊りといったパフォーマンス。

すべて、自分にとっては好奇心を満たすものばかり。
共感したり、疑問を持ったり、もっと知りたくなることばかりでした。

ステージ

プログラムは、以下のように行われました。
([Video:]とあるのは、TEDで公開済みの映像を上映したものです)

※映像が公開され次第、リンクを追加します。
すべてのパートが公開予定とは限りませんので、ご了承ください

いたれりつくせりなイベントはプレゼン内容だけではありません。

お昼のお弁当、休憩時の飲み物とお菓子も無料でした。
青空の下、気持ちのいい芝生の上でお弁当を食べながら会話を楽しんだり、
休憩時のリラックスしたムードで周りの人と意見を交わしたり、
といったこともイベントの一部なのでした。

昼食の様子

お弁当

最初、自分は「TwitterやFacebookで中継するぞ」と意気込んでいたものの、
実際にはプレゼンターたちの話に夢中だった、というのが現実でした。
さらに、プレゼンの合間は短いので、どんなプレゼンであったか
さえも発言する余裕がありませんでした。でもそれでいいのでしょう。
中継はUstや公式Twitterに任せることにして、
自分はちょっとした合間にちょいちょいつぶやく程度にしました。
(ちなみに、Togetterでたいしたことをつぶやいてない猫のアイコンが自分です)

それから、英語のプレゼンには同時通訳があったので不便はなかったのですが、
やはり「英語を使えるようにしよう」と強く感じました。
通訳を聞きながらだと、プレゼンターと呼吸が合わない感じがして、
まるで中継かTEDTalkの映像を見てるような感覚になりそうだったからです。
「よーし、次のTEDxは同時通訳なしで聞くぞ」と決意しました。

終了時のエントランス

TEDxRyukyuは、ただの弁論大会ではないです。
面白いプレゼンテーションを探しにくるイベントでもないです。
互いにアイディアを交わし、広げあう「場」なのです。
次回はもっと周りの人と声をかけあって、コミュニケーションを
実践していきたいと思います。
ぜひ次回も招待状をいただきたいですね。

TED/TEDxでなくても、価値あることを広げる場がどこにでもあり、
そういう場を皆生み出せるようになれば、素晴らしいことですね。

自分もこれからスタートします。
熱意をもって、より多くの人に伝えることをしていきたいと思います。

-以上-

参考:TED公式サイトTEDxRyukyu公式サイトTEDxRyukyu2013Togetter(by @skurima)

more...
 | Tags: