まごころのたくらみ

18

まごころのたくらみ

5月

どんな業種でも、お客さんに喜んでもらうのが一番の願いだと思います。

そしてサービスを行い、見返りとして代金を頂戴します。

仕事はお客さんなしにできません。お客さんに出会うために、誰もが工夫をします。

そうした工夫は、サービスとおなじぐらいにお客さんへのまごころがあるはずです。

 

これを「まごころのたくらみ」と名付けました。

どんなサービスも、喜んでもらうためのもの。

そして、またお客さんにいらしていただくためのもの。

毎日、工夫していくもの。

仕事への情熱と同様、ずっと続けていけるもの。

 

「無料」だけがサービスではありません。

ちゃんとお客さんに好意が伝われば、また利用してくださいます。

ひょっとしたら、次のお客さんを連れて。

 

どんどんたくらんでいきましょう。

まごころがあれば、集客はむずかしくありません。

 

 

more...